すそわきが対策まとめ!生理中のナプキンの処理やNG行動とは?

脇の下のニオイが強い“わきが”はけっこう知られていますが、女性の“すそわきが”はなかなか認知されていることも少ないのが現状です。

 

彼氏から「え……なんか、あそこがめちゃくちゃ臭いんだけど!」なんて言われてしまえば、それこそベッドタイムなんてトラウマになってしまいます。

 

脇の下から臭う“わきが”の対策は何とかなっても、“すそわきが”の対策はなかなか知られていることもなく、どうすればいいか不安になってしまいますよね。その不安な悩みを何とか解消するヒントを今回はご紹介します。

 

すそわきが対策は根本的には、やはり汗対策!汗をしっかり拭きとる

露出できる脇とは違い、デリケートゾーンから臭ってくる“すそわきが”は、なかなか汗の対策をすることが難しいですよね。とはいえ、脇の下のデオドラントをするときも、事務所内や教室内じゃなくて化粧室でするのが一般です。汗をこまめにとるウェットティッシュはデリケートゾーン用のものもありますので、化粧室でのこまめな汗対策と、ビデをしっかり使うということが大事です。

 

ナプキンはどうする?月に一回の生理中の「すそわきが」

“すそわきが”の方は、月に一回のあれの日、そう!生理がくるだけで憂鬱になるのではないでしょうか。

 

「もしかして今、私のあそこからすごい臭いニオイを出しているかも……」なんて考えだすと、仕事や勉強どころではありませんよね。しかも、ナプキンなどの生理用品は通気性が悪いものが多いので、むしろそれが原因でニオイを発することも多々です。とても面倒ではありますが、あれの日には生理用品を何度も取り替えることを覚悟しておく必要もありそうです。

 

すそわきが対策としては実はNGなあの対策!

ニオイが強くなるのが怖くて、入浴時にゴシゴシと強く洗い過ぎている方もいるかもしれませんが、これはさらにニオイが強くなる原因ともいわれています。

 

必要な菌も落としてしまい、また皮膚の抵抗が落ちることで“すそわきが”のニオイが逆に強くなることもあります。

 

こういうときは、デリケートゾーン専用の石鹸を使用するといいかもしれません。なかなか店頭で買うのは恥ずかしいという方は、ネット通販にもそういった商品はあるので購入されて試されてはどうでしょう?

 

少し高いけど……デリケートゾーン専用の●●を試してみよう

あまり日本では知られていませんが、デリケートゾーン専用の石鹸だけではなく、デリケートゾーン専用の洗浄液なるものもあります。

 

2013年にクラシエホームプロダクツが発売した「ヴィフェミィ」や、サノフィから2015年に国内でも販売されはじめた「サノフィ」などは弱酸性で皮膚にも優しく、phバランスを崩すことなく洗浄できるので、デリケートゾーン専用の石鹸などで洗い過ぎる時に発生する“かゆみ”や“痛み”からも解放されるそう。これも通販で買えるので、羞恥心を抱えずに試すことが“すそわきが”から解放される第一歩です。

 

すそわきがのニオイがどうしても気になる時は手術?それ以外には……

あそこの毛にも“アポクリン汗腺”の発達が多い人が“すそわきが”といわれますが、このアポクリン汗腺を除去する手術は、わきがだけではないんです。どうしてもニオイが気になって毎日が億劫という方は、思い切って“すそわきが”の手術をするのも一手かもしれません。

 

その勇気が出ないという方は、抵抗はあるかもしれませんが、デリケートゾーンの毛を剃毛するといいかもしれません。ニオイが蒸れなくなり、かなりニオイが軽減されますよ。

 

まとめ

いかがでしょう。

 

なかなか人に話せる悩みではありませんが、色々と工夫して“すそわきが”の対策とされてください。

 

とにかく、悩みすぎるのは禁物です。ストレスを抱えるとより臭いがきつくなると言われています。どうしても悩みが解消できない場合は、専門医に相談してみてください。一般的な美容クリニックでもカウンセリングを受け付けているところもあります。

 

人に相談するだけでだいぶ気分が和らぎますよ。そうすれば、臭いも出づらくなるかも。その上で治療するか対処療法でケアするか決めれば良いでしょう。

 

あなたの臭いが軽くなることを心よりお祈りしてます。